2004年05月14日

5月13日の審議

今日は午後から傍聴したので、民主党の細野豪志さん、大畠章宏さん長島昭久さん、
共産党の赤嶺政賢さん、社民党の東門美津子さんの質問を見ることが出来ました。

細野議員の質問の中から、日本がジュネーブ条約第一追加議定書に批准し、米国は軍
事教範があるから大丈夫だという先日の川口大臣の発言に対してのもので、「一緒に
軍事行動をしなければならない場合米国がジュネーブ条約を守らない攻撃に対して報
復される恐れがある。日本は米国にジュネーブ条約第一追加議定書に批准するように
求めるべきだ。」
これに対して川口外務大臣は米国内の問題で、「米国と軍事行動をともにしている他
の国で批准しているという例はたくさんある。問題は生じない」

大畠議員の質問の中から、「防衛の為の高速道路利用は防衛庁として考えているの
か。戦車は料金所を通れるのか。」
これに対して、政府側の答弁は「料金所の幅は3.5Mと決まっている。戦車はぎり
ぎり(幅3.4M)通れるが他の自衛隊車両は通れる。」
「有事の際には軍の車両が通れるように料金所なんかとっぱらって、離着陸でも高速
道路が使えるようにならないか」
と大畠議員。
政府側は「改修の必要があるが決まればやる。」

長島議員は「秘密会」の事に触れ、この制度について強く要望されてました。防衛上
公表できない問題など話し合うという事ですが。

赤嶺議員の質問は、引き続きACSA3条項改訂について。
「現場のやりとりで融通していく。武器弾薬を米軍が何に使ったのか公表するのか」
という質問に政府側答弁者、イイハラ防衛局長は「作戦に関わるのでどの程度公表で
きるかは答えられない」という答弁。
赤嶺さんは「条約どおりに使用されたかわからない。イラク戦争前、キティホークに
自衛官が給油した事に感謝を述べた。イラクに行く途中アフガンに向かっていたと
いっていたが誰が見てもイラク戦争に参加する為に行っているとわかる。」とも。

東門議員の質問。
国民保護法案43条にふれ、啓発に努める規定について、戦前のような教育や報道にな
る恐れをおっしゃってましたが、井上国務大臣は「時代が違う」と一蹴し、それに同
調して他の(主に与党の)議員は同調して笑う場面も見られました。
「有事にならないような外交が、国民保護」だと発言されました。


有事法案推進派はどうも楽観的に見えます。
本当に有事が心配で法案を作っている割には色んな事がいい加減で、決まってない事
がいっぱいです。


posted by 国民保護法ウォッチャーズ at 01:49 | TrackBack(0) | 国会傍聴日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。