2004年04月30日

はじめまして:「国民保護法案」をご存知ですか?

多くの方、とくに、原子力関係の仕事をしている方、原発事故に詳しい方、
防災ボランティア関連の方、高齢者、障害者関係の仕事をしている方やご家族、
戦災の被災者、被爆者の方々、医療現場の方々、地方自治体関係者、
交通機関や運送業で働く方々、教育にかかわる方などには、
ぜひ知っていただきたい法案です。

みなさんの生活そのものが変わるかもしれない、
そういう法案です。


          ★
この法案は、名前こそ「国民保護法案」ですが、
簡単に言えば「国民を保護する法案」というより、「国民を統制する」性格を持った法案です。

日頃から「戦争中」を想定した日常生活作りが始まります。
役所や テレビ局、病院などは「戦時」のための計画を作り、
「戦時」にむけて組織を整えなければならなりません。
地域ボランティアも協力を要請されます。
訓練もしなければならない組織もあります。
法案が通ったその日から、
わたしたちの日常生活はがらっと変わるのです。


          ★
4月20日(火)に、特別委員会での審議が始まったばかりの法案ですが、
4月23日(金)には、参考人質疑、26日(月)にはテレビ中継を入れ、
総理を呼んでの審議と、
ものすごい速さで採決に向かって審議が進んでいます。

このままでは連休明けには、実質的な審議は終わりということになりかねません。

しかも、議員の多くが法案を読んでいないという状態で、
内容に踏み込んだ議論はほとんどされていません。

          ★
お願いです、この法案を読んでみて下さい。
自分に特に関係ありそうな部分だけでも。
そして、まわりの人に伝えていただけないでしょうか。

意見のある方は、一言でいいので、地元の議員やマスコミなどに、
伝えてくださいますよう、お願いします。

この法案を止められるのは、あなただけなのです。


          ★

<国民保護法案ウォッチャーズ>
このアクションは、特定の政党・政治団体・思想などを超えた、独立した市民のアクションです。
http://www.ribbon-project.jp/yuji/index.htm
posted by 国民保護法ウォッチャーズ at 02:51| Comment(0) | TrackBack(1) | ウォッチャーズより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

囚われの殻を割れ
Excerpt:  囚われる――。私は、それが自分の身にたやすく起こることを想像することができる。もし誰かが、何かの事件の容疑者として、曖昧な記憶や噂をもとに軽い気持ちで私を指差しさえすれば・・・。警察はすぐにも私を尋..
Weblog: たまごの距離
Tracked: 2004-05-12 16:21
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。